「ほっ」と。キャンペーン

2008.1.19 休みの日には音楽家vol.14終了!

1/19(土)、恒例のジョイントコンサート「休みの日には音楽家vol.14」が無事終了しました!

☆休みの日には音楽家 Vol.14(YASUON14)

「休みの日には音楽家」(略称「やすおん」)は、日頃は会社勤めや主婦業など普通に生活している人たちが、ここぞとばかりに「音楽家」になりきるというコンサート企画です。
声楽ソロ、コーラス、器楽ソロ、器楽アンサンブルなどさまざまな演奏形態の個人・グループが参加しています。

日時:2008年1月19日(土)14時開演
場所:東京建物八重洲ホール
入場無料 主催:沢井事務所

☆Voceぱらいぞ 演奏曲目
◇スカボロ・フェア(Scarborough Fair)
  英国古謡/名倉亜矢子編曲
◇チム・チム・チェリー(Chim Chim Cher-ee)
  R.M.Sherman&R.B.Sherman作曲/大田桜子編曲/沢井まみ訳詞
◇星に願いを(When You Wish Upon a Star)
  L.Harline作曲/大田桜子編曲/N.Washington作詞


今回は3曲とも新曲(いずれも4声)、1曲目、3曲目は英語、2曲目「チム・チム・チェリー」は、まみさんの初訳詞!(「歌ってみたい」「楽譜をみせて」と打上げで大好評!)
英語曲は、まきさんの発音指導の賜物で、「英語っぽく聴こえた」との感想が!(ワーイ!)
とても楽しく歌えました!会場の皆さまも、知っている曲をちょっとオシャレな編曲の演奏(歌う方は難しい箇所もありましたが…)を、喜んで下さったようです…。

☆曲紹介
◇スカボロ・フェア(Scarborough Fair)
サイモン&ガーファンクルで知られるこの曲は、元は英国古謡です。
中世末、ヨークシャーの北海沿岸の行楽地スカボロは英国中の商人の重要な交易場。道化師や手品師が集い、8/15には長期間の市が始まります。これがタイトルのScarborough Fair(スカボロの市)。
吟遊詩人が、街から街へこの歌を伝え歩くうちに詩は変化、いくつもの詩ができました。この歌は、恋人に捨てられた若い男が「縫い目なしでシャツを縫ったり、それを空井戸で洗う等、一連の不可能な仕事を成し遂げれば、彼女を取り戻すことができるに違いない」と語る話が題材になっています。

◇チム・チム・チェリー(Chim Chim Cher-ee)
ご存じ1964年のディズニー映画「メリー・ポピンズ」の挿入歌。
映画ではジュリー・アンドリュースが歌いました。子供達が出会った煙突掃除夫姿のバート。煙突だらけの屋上に上ると、煙突の中からメリー・ポピンズが現れ、あちこちからバートの友達の煙突掃除夫が現れて、煤にまみれながら皆で踊り続けるという有名なシーン。
「チムチムリー」は、煙突という意味の「チムニー(chimney)」にかけた合いの手のようなものらしいのですが真偽の程は…?

◇星に願いを(When You Wish Upon a Star)
こちらもご存じ1940年のディズニー映画「ピノキオ」の主題歌。
映画ではジミニー・クリケット(コオロギ)が歌いました。
…星に願いをかけるとき、心を込めて望むなら、きっと願いはかなうでしょう…

<お知らせ>
☆Voceぱらいぞ ティータイムコンサート

2008年3月20日(木祝) 14:30開演(予定)
アンダンテ(御茶ノ水駅下車徒歩5分)
東京都千代田区神田小川町3-16鈴木ビル2F
入場無料(カフェタイムあり?)

※詳細は後日掲載します
[PR]
by blaneta | 2008-01-20 08:22 | 活動記録
<< 2008.3.20「VOCEぱ... 11/17 アルカフェで初ライブ >>